Make your own free website on Tripod.com

闇鍵師(1)ってなんだろう

江戸で評判の腕利きの錠前屋、錠之介には裏の顔があった。
心の闇が開く時、人は魔に憑かれる。
その魔を錠に封印することを“枢(くる)り”という。
錠之介の裏の顔、それは江戸の町にはびこる魔を封印する“枢り屋”である! 『勇午』の赤名修と劇団☆新感線の座付き作家、中島かずきの最強タッグが産み出す大江戸魔物アクションストーリー。
中島史観が赤名 修の超絶無類な筆で繰り広げられる、極上のエンターテインメント!『勇午』の赤名修と、劇団☆新感線の中島かずきのまさかのコンビが放つ新感覚☆時代劇! 江戸で評判の錠前屋・錠之介の裏の顔。
それは町にはびこる魔を封印する“くるり屋”である!! 『漫画アクション』で大好評!インターネットはもちろん無く、ビデオもまったく普及していなかった1977年(昭和52年)の東京に、ニゴシ、滝沢、丸木、肥後くんによって結成されたエロエロ中学生4人組がいた。
女のアソコはどうなっているのか? セックスをする日はいつなのか? 当時の人には懐かしく、若い人には新鮮な、昭和の中学生日記。
一部の人たちに神とあがめられている、エロの怪人・B組の竹光が登場するのは、この作品です。
1977年(昭和52年)───。
インターネットはもちろん無いし、ビデオですら全く普及していない時代。
性に目覚めた中学生男子の苦労たるや! 当時の体験者には懐かしく、若い人には新鮮な、昭和の中学生日記。
鈴木先生が苦悩すればする程、我々はワクワクする(江口寿史 談)。
新聞・雑誌の書評でも大絶賛の本作。
ささやかな問題も重大な試練も全力で挑む、まったく新しい教師像。
平成18年度文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品。
鈴木先生の流す脂汗と身に帯びたループタイは「誠実の証」!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60017812