Make your own free website on Tripod.com

リングについて考えよう

一本のビデオテープを観た四人の少年少女が、同日同時刻に死亡した。
この忌まわしいビデオの中には、一体どんなメッセージが…!?恐怖とともに、未知なる世界へと導くオカルト・ホラー。
幼い息子を海で亡くした監察医の安藤は、謎の死を遂げた友人・高山の解剖を担当し、冠動脈から正体不明の肉腫を発見した。
遺体からはみ出した新聞に書かれた数字は「リング」という言葉を暗示していた。
昭和八年から十一年にかけて発表した作品を集めた第一創作集。
作者は自分の生涯の唯一の遺書になる思いで「晩年」と名付けた。
「葉」「思い出」「魚服記」「列車」「地球図」他。
妹の婚礼を終えると、メロスはシクラスめざして走りに走った。
約束の日まで暴虐の王の下に戻らねば、身代わりの親友が殺される。
メロスよ走れ!命を賭けた友情の美を描く名作。
古い道徳とどこまでも争い、太陽のように生きる一人の女。
結核で死んで行く「日本で最後の貴婦人」のその母。
昭和二十三年、死ぬ前年のこの作品は、作者の名を決定的なものにした。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60008135