Make your own free website on Tripod.com

東京大学物語(1)始まりは突然にを見てみる。

秀才・村上直樹は、東京大学を目指して猛勉強の日々を過ごしていた。
ある日、悪友の佐野に連れられ、テニスの試合を見に行くが、そこで試合にでていた、同学年の水野遥に一目惚れしてしまう。
遥に一目惚れしてから一週間。
村上は毎朝、遥を待ち伏せすることに。
ある日、遥に挨拶をされ、狼狽した村上が返した言葉は、「オレと、つきあってください」だった! 突然の告白に、遥は…? 偏差値81のラブコメディ!!村上が遥と付き合い始めて数日がたった。
遥から手作りのお弁当をもらうなど、幸せいっぱいの村上だったが、そんな村上のもとにずっと学校を休んでいた悪友・佐野から突然電話がかかってくる。
電話での佐野のただならぬ様子を感じとった村上は、翌日、遥とともに佐野の家へ向かう。
佐野は足を骨折し、憔悴しきって、自宅で一人寝ていたのだった。
そんな佐野を遥と村上は励ますが……!?頭から遥のことが離れなくなった村上。
とうとうあらぬ妄想まで繰り広げるようにまでなった。
頭の中が遥一色になった村上は、このままでは東大に合格できない!と焦り始めてしまう。
一方、東大を目指すことを決心した遥は順調に勉強を続けていた。
ある日村上は、遥と一緒に図書館で勉強するため、学校近くで遥を待ち焦がれていた。
しかし、遥は、学園祭の打ち合わせがあるため、図書館での勉強をキャンセルしたいと言い出して…。
遥に別れを告げ、後悔している村上は一人妄想の世界に走ってしまう。
村上は、函館向陽高校学園祭最後のイベント、函館山の頂への仮装行列に行く遥を見つめていた。
そこで再び、果てしない妄想の世界に陥ってしまう。
遥と別れ、一人寂しく妄想の世界に入っている村上を、悪友・佐野が叱咤激励する。
佐野に、サッカーをしている頃の気迫がある顔つきに戻っていると言われた村上は、遥への想いを再確認するのだった…。
風邪をひいてしまった村上は、遥の言いつけで、学校の保健室で眠っていた。
村上に想いをよせる英里は、休み時間に保健室へと向かい、村上と2人きりになってしまう…。
英里を遥と間違えてしまった村上は…!? クリスマス・イブの日、遥は英里から村上へのプレゼントを渡して欲しいと頼まれてしまう。
自分で渡した方がいいと言う遥に、英里は「村上君とは逢わないことにした」と答えるが…。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60012704